眠れない、そんな辛い悩みとおさらばする方法

原因

眠れない原因を探してみましょう

不眠症の方や、不眠症でない方でも、眠りたいのに眠れない経験をお持ちの方は、たくさんいらっしゃいます。
対処法の第1段階として、まず、眠れない原因を解明することが大切です。
不眠症の方は、精神的に病気や問題をかかえていらっしゃる場合も多いので、まず、専門の医師やカウンセリングを受けられることを、おすすめします。
安易に、近所の内科などで、睡眠剤を出してもらう前に、信頼できる精神的な治療をしてくださる心療内科や精神科の受診をしてみて、気がつかないうちに、ストレスなどで、精神的に眠れない要因がないかどうか調べてみることを、おすすめします。
知人や友人に話して、気持ちが楽になって、眠れるようになるくらいなら、問題はないかもしれませんが、何日も眠れない、気持ちも気力も落ちて、体がだるいとか、思うように動けなくなってきたら、危険信号です。

原因が分かった後の対処方法

自分の眠れない原因がわかったら、それぞれの原因に合った対処法を実践します。
慢性の不眠症や、精神疾患などによる睡眠障害だった場合は、心療内科や精神科の医師と相談しながら、薬による物理的な治療や、カウンセリングによる心の中の治療が有効です。
薬での治療は、薬の服用の仕方、薬の効き方や、薬の相性などを、きちんと医師と相談しながら、やらないと危険です。
飲み合わせの悪い薬や飲食物もありますので、注意が必要です。
頭痛などの副作用が起こったり、朝に眠気が強くて起きられないようでしたら、薬が強すぎるか、量が多すぎる、体質に合っていないなどの場合もあります。
なかなか寝付けない方は、寝付きを良くする薬、短時間で目が覚めてしまう方は、一定時間眠りを保つ薬など、色々種類がありますので、医師とよく相談しましょう。
そのような細かな相談に親身に耳を傾け、薬の微調整を快くしてくださる信頼できる医師を、お勧めします。
又、医師や専門のカウンセリングによって、心の中の原因とも向き合ってみることも有効です。
自分では、ストレスではないと思っていることが大きな原因だったり、自分では気が付かない原因が、隠れているかもしれません。