眠れない、そんな辛い悩みとおさらばする方法

病院に行く

やっておきたいこと

眠れないと悩んでいる人は、病院に行って診てもらったり、睡眠を促してくれるサプリメントを飲んだりすることで、気持ちよく眠ることができます。
しかし、家でもある行動をすることで、更に睡眠を促してくれます。一体、どのような行動をすればよいのでしょう。

ストレッチ

ストレッチと聞くと、体を動かす前にケガをしないよう、体をほぐすためにするイメージがありますが、軽くストレッチをすることで、血流がよくなり睡眠を促してくれます。
激しいストレッチではなく、アキレス腱を伸ばすような軽いもので大丈夫なので、ストレッチを行うようにしましょう。

はちみつを摂取

はちみつというと、クッキーを始めとしたデザートに使われていたり、焼いたパンに塗って食べたりするイメージがあります。
そのため、眠れないが摂取する理由と関係性がないように感じますが、実は、はちみつには睡眠を促してくれる成分が含まれています。
寝る前に一口舐めたり、ホットミルクに溶かして飲んだりと様々な摂取方法があるので、眠れない人ははちみつを摂取してみるといいでしょう。

ご飯は早めに済ます

ご飯を食べた後すぐに寝ようとしても、体内では内臓が食べ物を消化しようと動いている状態なので、ちゃんとは眠れないです。
そのため、ご飯を食べるのであれば、寝る3時間前に食べ終わるようにしましょう。
これらの行動に気をつけることで、眠れない人でもちゃんと睡眠をとることができます。